おだんごぱん マトリョーシカ~ロシア民話

ロシア民謡
「おだんごぱん」のマトリョーシカです。

おだんごぱん1

馴染みのない方も
いらっしゃるかもしれませんが、

「おだんごぱん」は絵本がでていて
保育園や幼稚園などで読み聞かせによく取り入れられていて
幼児さん達に人気です。

絵本のストーリーは、
おばあさんが
おじいさんに作ってあげた「おだんごぱん」が、

食べられるのが嫌で逃げ出します

おだんごぱん2

その後、たくさんの動物達に食べられそうになりますが、
おだんごぱんは、歌をうたって上手に逃れます。

けれど結局最後は
きつねに食べられてしまうというお話です。

マトリョーシカは左から、
おばあさん→おじいさん→くま→オオカミ→うさぎ→きつね→おだんごパンです。

 

おだんごぱん3

右から3つ目の
ピンクのうさぎのマトリョーシカには
垂れた耳が描いてあります。耳に見えない~笑

おだんごぱん4

おだんごパンをつくるおばあさん、
食べようと楽しみにしているおじいさん、
おだんごパンを食べようとするクマさんです。

 

 

おだんごぱん5

★おだんごパンを食べようとするオオカミ、うさぎ、キツネです。
そして、まんまるの「おだんごぱん」。

右はじのキツネ、
私には猫に見えちゃった。

 

おだんごパン6

一番小さいマトリョーシカが
丸いボールってところが素敵です!

また、すべてのマトリョーシカの下半身が、
おだんごぱんの様に
コロンとした形に作られているのも可愛いです。

おだんごパンを意識して
この形にしたのでしょうね。

 

おだんごパン

そして、これが我が家の「おだんごぱん」の絵本。
挿絵が違う絵本もあるようです。

「おだんごぱん」のお話、
「おおきなかぶ」のお話に似ているような気がします。

あれもロシアの民謡ですよね。

 

コメントは受け付けていません。