チェブラーシカ マトリョーシカ(おなかにロシアのコマ)

「チェブラーシカ」は、ロシアのアニメ。

チェブラーシカ1
1968年から現在までにロシアでは
わずか4作品しか作られていないのですが、
ロシア国民から絶大な人気を寄せられているキャラクターです。

エドゥアルド・ウスペンスキー の児童文学が
原作です。

左から順に、
チェブラーシカ(不思議な動物)→ゲーナ(わに)
→シャパクリャク(おばあさん)→ドービク(犬)→ラリースカ(ネズミ)
です。

 

チェブラーシカ2

全体に小ぶりなサイズで
大きいもので7㎝、
小さいのでわずか1.2cmしかありません。ちっちゃ~。

 

チェブラーシカ3

チェブラーシカの色を
わざとムラをだしてぬってあるようで、
独特の趣があります。

 

チェブラーシカ4

チェブラーシカのお腹の絵は「駒」です。
日本の駒とは少し形が違いますね。

 

 

わにのゲーナはチェブラーシカの最初の友達という設定で、
アコーディオンが得意です。

チェブラーシカ5

シャパクリャクはいたずら好きのおばあさん。
いじわるだけど、優しい面もあります。

ドービクは迷子犬で、
ラリ-スカはシャパクリャクの飼っているドブネズミです。

チェブラーシカ6

気づきました?
普通のマトリョーシカは胴体部分が分かれるのですが、
このチェブラーシカは

なんと首の部分がわかれるのです。

耳がついてるだけでレアなのに!
これってすごく珍しい~。

コメントは受け付けていません。