元祖 マトリョーシカの復刻版

マトリョーシカが
世に広まるようになったには、1980年のパリ万博の時だそうです。

復刻1

これは「ロシア館」で展示された
8体のマトリョーシカを忠実に再現した復刻版。

万博では、マトリョーシカは大人気。予約が殺到したそうですよ。

こちらの復刻版は、
パリ万博当時と同じ形の白木を使い、

絵付け、色味、つや加減など忠実に再現されているそうです。

復刻2

つや出しには蜜蝋が使われていて、
独特のやさしく懐かしい色合いに^^

鼻を近づけてみると
白木と蜜蝋のとてもいい香りがします。

アイテムは左から順に、
鶏→籠→鎌→スープ(?)→トング(?)→人形→なし→なし

サイズは一番大きいもので18.5cm
小さいもので約1.5cmぐらいです。

復刻3.JPG

後ろ姿もレトロな質感と色味です。

復刻4.JPG

大きい方の4体のアップです。

 

復刻5

小さい方の4体。

前の4体と、後の4体では
線のタッチや、色味や柄が違うと思ったら、

 

復刻7

一番大きいマトリョーシカの裏に
制作者さんの顔とサインがありました。

おそらく前と後は違う方が
担当されているのでしょう。

復刻版とはいえ、
手作りですから同じものは作れません。

ここがマトリョーシカの醍醐味ですね^^

復刻6

重ねてみると、
木の年輪を思わせるように、
ぎっしり!!

【追記】
サイトを見ていただいた雑貨のアトリエ・La moda de Gayaさんから
情報をいただきました。

復刻版マトリョーシカの底にある写真とサインは
人気のマトリョーシカ作家のセルゲイ・コブロフさんと
そのアトリエの方の物だそうです。
情報提供ありがとうございます!!

コメントは受け付けていません。